• MENU
  • 実験の仕組み・役割
  • 道路の区間ID方式とは

Project Z NAVI de HANSHIN!とは

「Project Z NAVI de HANSHIN!」とは

安全、安心で快適な走行を支援する情報配信プロジェクト

「Project Z NAVI de HANSHIN!」は、道路管理者、情報基盤開発・提供者、情報提供サービス会社の連携により、阪神高速道路の利用者に、安全・安心で快適な走行を支援する道路情報の配信を行う、官民連携のプロジェクトです。

Project Z NAVI de HANSHIN!の目的
  • 道路管理者、情報基盤開発・提供者、情報提供サービス会社の連携による、安全・安心で快適な走行を支援する詳細な情報配信サービスを実現していくことを目的に、支援情報をカーナビゲーションシステムやスマートフォン、Webサイトなどに配信する情報配信実験を通じて、その効果を確認していきます。
  • あわせて、「道路の区間ID方式」及び「道路基盤地図情報」といった新たな基盤地図情報を用いて上記情報を配信することで各主体の様々なサービスの高度化や同方式による情報配信の実現の可能性等を確認します。
  • ※道路基盤地図情報とは、道路管理で重要な道路構造(30種類)を詳細に表現した大縮尺(1/500または
    1/ 1,000)の地図です。

プロジェクトを構成するサービスステップ

本プロジェクトは、 以下のサービスステップで構成する3か年プロジェクトです。

ステップ 目標実験年度 配信対象情報 用いる基盤
(位置表現方法)
交通事故
多発地点
情報
分合流部
における
安全運転
に関する
情報
工事予定
情報
その他 道路の
区間ID方式
道路基盤
地図情報
(車線レベル)+道路の
区間ID方式
ステップ1:
情報配信
平成24年度    
ステップ2:
詳細情報配信等
平成25年度
~26年度

凡例:◎は各ステップで力点を置く検討対象 ○は各ステップの検討対象

TOPへ