• MENU
  • 実験の仕組み・役割
  • 道路の区間ID方式とは

道路の区間ID方式とは

道路の区間ID方式とは

  • 平成24年度に実施する情報配信実験では、阪神高速道路が保有する情報をナビタイムジャパン,ゼンリンデータコムが提供するサービスに使われている地図に表現するために「道路の区間ID方式」という位置表現方式を用いています。
  • これまで位置情報のやりとりは、地図を介して緯度経度等でやりとりをされていましたが、送り手と受け手の地図が異なると、異なる位置を示してしまう可能性がある等の課題がありました。
  • 「道路の区間ID方式」では、“区間”と“参照点”を用いて、相対的に道路上の位置を特定する方法であり、異なる地図間でも正確に道路情報の交換が可能になります。
  • 道路の区間ID方式の詳細は、こちら

道路の区間ID方式による表現イメージ

道路に関連する情報とその位置伝達のイメージ

「道路の区間ID方式」の普及により期待される効果

  • 様々な道路関連情報(標識や道路交通センサス調査のような静的な情報、プローブデータや災害情報のようなリアルタイム性の高い動的な情報など)に「道路の区間ID方式」が導入されることで、組織間で確実な伝達・交換のために活用することができます。
  • 道路管理やITSの他にも、不動産、観光、電力、バス運行管理や消防などへの活用も考えられ、さまざまなサービスへの展開が期待できる情報流通基盤になります。

TOPへ