• MENU
  • 実験の仕組み・役割
  • 道路の区間ID方式とは

情報配信実験の概要(平成24年度)

情報配信実験のご協力ありがとうございました。平成25年度以降も情報配信プロジェクトを計画・推進してまいります。

阪神高速道路における交通事故多発地点情報や工事予定情報という安全・安心で快適な走行をお手伝いできる情報を、スマートフォンにより配信する実験を実施しました。

スマートフォンによる情報配信

実施期間

平成25年3月6日(水)~平成25年5月31日(金)

実施内容

ナビタイムジャパン提供のスマートフォンアプリ 『阪神高速SAFETYドライブ』による情報配信

  1. 交通事故多発地点情報
  2. 分合流部における安全運転に関する情報
  3. 工事予定情報
配信エリア

阪神高速道路(32号新神戸トンネル、8号京都線をのぞく)
※工事予定情報は阪神高速1号環状線、11号池田線、14号松原線のみ)

※実験に参加いただいたモニターのみなさまに、「本実験で提供した情報の有益性」 「今後の情報提供へのニーズ」について、アンケートにご協力いただきました。
アンケート結果はこちら

TOPへ